So-net無料ブログ作成

紅い縁LIVE [SHAMANIPPON]

smajin2.jpg
昨日、シャマジン「ひと」からのツブヤキがあった。

ドレスコードは「赤」を何かアイテムで身に着けること。
以前には(レインボー」というのもありました。
会場内が赤のオーディエンスで埋め尽くされるのだ。
紅・・・縁・・・会このネーミングはLIVEに繋がるんだね。
昨年11月には「LIVE決定の方向」が立ち上がり年末「小喜利」、「トークショー」と布石が打たれていた。
4月の桜と共にスタートはずれ込んではいるが準備は水面下で脈々と進んでいた。
ひとさまgoodsもたくさん用意されているともある。
アイテム数なのか販売数量なのか「たくさん」です。


美我空.jpg
LIVE日程が遅れるのはgoodsの品揃えを見ていても薄々感じてた。
疑問の始まりは2010年の「美我空」の冬物ブランケット
四月半ばとはいえ炎天下の夏日で暑いのなんの、広げるのも暑苦しいアイテムだった。
なんでコレ?がチョイスされたんだ・・・
動きも元気がない様子
LIVE中にステージ上から「あの図案は僕の声の波長です」(VocalMaster)のお知らせがあった。
ザワメク会場、帰りの売り場は長蛇の列でした。
思い入れを込めて企画されるgoodsたち
寒さからファンを守ろうと用意されたブランケット
そうなると季節は冬、遅くても早春を想定してでのアイテムだと思うのです。

が、ミラクルブランケットです。
その後、5月14日開催の明日香村「石舞台LIVE」
日中の暑さがLIVE開催時刻から急降下。
山里は朝夕の気温差があり
気温五度にまで下がる。
事前にRADIOを通して「寒くなるから気をてけて準備してね」のアナウンスがあった。
なら100年会館では出番無しのブランケットがオーディエンスを包み寒さから守る。
グルグル巻きのブランケットの中に幸せな顔のオーディエンス達がいました。
大活躍なブランケットなのでした。


十人十色扇子.png
そしてもう一つ
十人十色LIVE
追加アイテムで涼しげな扇子が登場。
九月半ば、じき立秋ですよ。
どうなる扇子・・・と思いきやこの頃に東北は猛烈な戻り残暑
大活躍なのです。
震災後、節電でエアコンの設定温度も高め、どこもかしこも暑いのです。

そしてミラクルなファン(扇子)。
最終公演の水沢が無事終わり、翌日から東北は信じられない寒さと雨が待っていた。
冬が始まっていたのです。

LIVE の間中はオーディエンスを幸せに守り続けてお役目を果たすLIVE Goods。

どうも時期はあやしいgoodsたちの物語りには「説明できないオトナの事情」が隠れている気がしてならないのです。

ひとさまgoodsはどんな物語を見せてくれるのかな???



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0