So-net無料ブログ作成

3.31アコギも登場。 [RADIO]

雷乃発声(かみなりすなはちのこえはっする)
先人の伝える言葉は見事です。
低気圧で大嵐です。暴風雨です。
こんな日にソメイヨシノ東京開花宣言・・・桜も恐れをなして咲くわけがない
ソメイヨシノの木々は膨らむ前のエネルギーの成りをひそめる。
清冽な命の輝き出す瞬間はおあずけです。


別れとと旅立ちの三月です。
桜の彩りない三月です。
20120331sRIMG0105.jpg
LOVEの詩は書かない
書けない
書きたくない
云いたいことは一つなのにヴァリエーションを組む、変えるだけはしない

LOVE songを書くのだって同じテーマを繰り返ししているのだから同じでしょ?
「生きる・命」を書くのと似たようなもん・・・かぁな。。

このスタンスは「売れない」
プレヤーでインスト多数やりたいことを「ストレート」
アコギ片手に弾き語り。。。。。

老けてからでもいいやん。
持てるのは解っている。

おじさんになるまでこの姿が見られないらしい。
クラプトンの影響かな・・・アンプラグドは老境の象徴のよです。

1曲が何十分にもなったりして。

長期ツアー中メンバーとのアレンジやノリでアルバム曲が変化していく過程を見るのが楽しみ。
それこそLIVEの醍醐味なのだ。オーディエンスにとっては。

で・・・何にもわからない。

それにしてもアコギの調べは心地よい。
先週のエレキにくらべると安心して耳に届くしやさしい。
ハミングバードかなーこのギターのつま弾きから新しい楽曲の種を産むことだけは確かなようです。

ギブソンハミングバードスクエアショルダー抜.jpgギブソン社ハミングバード スクエアショルダー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

嵐の前の春 [因縁な話]

明日は大嵐だそうだ。
本日の春の夕暮れには微塵もない。
春霞という大和ことばで表される景色でした。
 大気の水蒸気、粉塵、花粉がフォーカスをくれる。
 
まさに・・・ほこり
 
おだやかな終幕。
花束抱えて帰路につく。
さぁ〜〜〜何が待つ。
20120330RIMG0078.jpg
汐留からのラストショット

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

平安結祈/東北へ飛ぶ [平城宮跡LIVE]

東北チケット.png

本日から東北へ特別上映会が始まる。
3月22日~23日會津風雅堂
3月26日~27日仙台サンプラザホール
3月31日〜4月1日岩手奥州市文化会館Zホール
4月5日〜6日沖縄コンベンション劇場

チケットが美しい・・・らしい
オーロラのようなデザインだそうです。
本物には中々遭遇はしない
偶然に眺められることはできるので
IMAGEPACEタワーのリンクを貼ってみた
アイスランドのライヴカメラです。
スクリーンショット(2012-03-24 8.00.40).png
オーロラを抜けて一筋の光・・・
まっすぐに向かう想いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

近鉄特急発車メロディースタート [平城宮跡LIVE]

2011大極殿R0118855.jpg
近鉄特急発車メロディーに「縁を結いて」が本日から流れてる。
12色と一色わたし・・・白いそら〜までで最後のアレンジに明るい旅立ちを感じさせる爽やかさがある。
本人監修のもとに創られたそうだ。

奈良市特別観光大使に任命された頃、ふるさと「西大寺駅の発車メロディーになるといいな」という要望が本人からもコメントしていたし、24CH△NNELのチャレンジにもあった。
いよいよ実現となった。

時間がかかるんだね、この世界。

確かに各駅の発車メロディーの曲名を見ていると今の人に解るんかい?と首を傾げるものから教科書にアルアルと思うものまでバラエティ豊でした。
ちなみに大和西大寺駅は「おおスザンナ」はなんでかなぁこの選曲はと思う。
たかが一瞬のメロディーされど地元民には毎日聞く合図、生活の音です。
突然の変更は戸惑うかもしれませんが、新しいくなればそれからが積み重ねで馴染んでいくのだと思う。
停車駅数が少ない急行車両のみというのが新参者には受け入れやすいのかな?
急行ということで大阪上本町駅、京都駅、大阪阿部野橋駅、橿原神宮前駅、奈良駅で1年間限定。

どちらにしても「近畿日本鉄道株式会社」は受け入れたのです。
奈良で生まれ奈良を愛し奈良を伝えようするアーティストの音なのだから
近鉄と共に生活する奈良県民の心を動かすことになると思うのです。
たとえ作曲者が誰かは解らなくても。
JT明日香村RIMG1050(変換後).jpg
明日香村のため池

大人は未来を見ているのだろうか?
今を知っているのか?

「時空」を聴くたび自分の脳内でシルクロードの風景が駆け巡るのには理由がある。
それは1980年に放送されたNHK,中国中央電視台が共同で制作された番組「シルクロード」の影響です。
当時はシンセサイザーの旗手として喜太郎が一世風靡した。
未知の領域、敦煌、タクラマカン砂漠、西安の美しい風景が喜太郎の美しいメロディーとシンセのサウンドと一つになり
「シルクロード」は完成されて支持されていた。
現在も喜太郎氏はアメリカ、ロサンゼルスに住み世界へ向けて「日本の魂の音」を発信している。
彼の音楽を認め、必要としているのは海外なんだね。

「時空」の中の「シルクロード」を見つけて感じてからいつも思うことがある。
次世代の喜太郎を、何故この国は気がつかないのだろう?育てないのだろうと。

十代二十代の層にこそ見せたい「風景と音楽」
30数年経っても「シルクロード=喜太郎」の世界は瞬時に蘇る。
30年後に「大和=堂本剛」の世界は「時空」で蘇み帰り瞬時に感じられるはずなのだ。

それは感性を豊かにする。
この国を愛おしく想いやる心を育てる。
大切にさせる。

同じ思いを違う場所でも感じた。
昨年奈良、東大寺ミュージアム喫茶コーナーで体験した「短編映画」映像は奈良東大の歴史、街並が美しく描かれていた。
画面を眺め頭の中では「時空」が鳴り響いてた。
「制作プロデューサーの音へのこだわりはここで止まってるんだ」と思はわずにいられなかった。

次回のアルバムにインストメンタル多数加わっている。
「時空」「tuku -」に繋がる系譜があると嬉しい。
また一つ日本の風景に流れる琴線に触れる音の仲間が増えるのだから。
JT甘樫丘夕日遠望」RIMG1166.jpg
畝傍山/耳成山

次世代へ繋ぎたい音に触れられるのだ。

KM金峰山寺仁王門お顔R0013416.jpg
さくらライナーはソメイヨシノしかないと思うのは自分だけか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エレキとアンプ [RADIO]

bay fm78 Fashion&Music Book3月17日

奇跡gR0118799.jpg
スタジオにギターとアンプを持ち込んでのOA
プレヤーモードの状況の中ということで思わぬ展開です。
平安神宮LIVEの愛機がマイクを通して流れるのですが息苦しいように聞こえます。
ピッキング、タッピング色々披露してくれます。
放送で流れる音の表現は難しいラジオレポの気苦労まで労うのでした。

2002年3月「夢のカリフォルニア」のドラマ撮影現場、待機中にアコギを抱えてつま弾く姿が思い出された。
自分らしさと、気持ちの良い音を探していたんだろうね。
十年前、大人の思惑を解き放すことはその頃は無かった。

これだけの日を跨いで来たのだから・・・からは回りの縛りから自分を解き放した楽曲だと。

ギター遍歴は楽曲の遍歴であり、人生、常に傍らで従う唯一のパートナーになる。
番組中で拓郎から「このギターで作曲すると名曲が生まれるぞ」と貸してもらっていたアコギがある。
うろ覚えの記憶ならマーチンD−35、魔法のようなギターに喜ぶ十代の姿がありました。
気持ち良い音に出会うまで、出来るまでギター環境によって変わる。

過去の迷走の蒼い歌・・・
背中を押す遁走の赤い歌・・・
自己解放疾走の紫の歌・・・
日本を心を伴走する白い歌・・・
未来を歩むnijiの歌。

ギターを選ぶことは人生の伴侶を選ぶことなのかな。
内面の自分らしさを外の世界へつなぐために必要な内助の功ということには間違いない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トークショー [SHAMANIPPON]

SHロゴバテックPK.jpg
光と影な気持

当選です。

なんてステキな響きでしょう〜〜〜〜。

SHAMANIPPONの始動第一号イベント。
だが待てよ。なのだ。
イベント版限定アルバムのCD予約ってことはその場では入手できない。
アルバムの発売が4月11日なので3月のイベントの場で買える訳が無い。
予約が条件なんだ。
というこで当選者は結果初回盤、通常盤、そして第3のイベント限定アルバムを購入する企画なんだね。
CD購入握手券付き握手会と同列の販売促進なんだとね。

アルバム購入で抽選で当たる・・・という前回のレコーディング見学とは違う。
トークショー、公演特典0000円(CD付き)とみなすか・・・
アルバム特典!トークショーとみなすかの違いです。

入場無料の公演に業者も二の足を踏むだろうね、なんてったって公演には「価格設定」が無い。
ケータ受付システムを敢行したことで更に業者には不利でしょう。
まさかの無料ケータイ機付き公演参加権利の譲渡をオークションにかけることは無いでしょう。

会場がシークレット設定なのは応募状況次第では「会場」が変更が可能でしょうね。
当初は500人クラス会場の企画が、CD売り上げ機会損失を防ぐため収納キャパ2000人ホールに変更、さらに応募多数であれば収容5000人ホールへと鞍替えもできるのだ。
なんなら1万人収容の会場だってよいのです。
イベントの応募者次第で初動の売り上げ枚数がUPUPなのです。
当たる仕組みはそんなとこかな。
244ENDLI-xのDVDを見直してオーディエンスの歓声に「男子の声多し」に気がつき制作裏の作意を感じた自分には当選は嬉しいが仕分けの無いイベント限定だからなのかなぁと、下衆の勘ぐりです。
DVD化で撮影が入るようなイベントではじかれる年代が大量に当選するのはそんな事情があるのかな・・・と。
「6枚は買えない・・・」「何日かはパスする・・・」そんなツブヤキの中にも
「同じ日同じ時間の当選メールが来たどうすればいいの?」「地域を振替られて行けない・・・」のツブヤキもある。
「外れてしまった」関しては何処まで不運なファンもいるんだろうとも思う。

ふぅ=本人のお話は興味津々・・・。
トークショーの希望は以前からの発言の中にもありました。
ファンミーティング開催が全面ならと思うのです。

なにはともあれ新企画や、新システム、映画「堂本剛 平安結祈」アンケート等、
ファンの意見を求める新たなチャレンジをしている意欲と開拓精神だけは感じます。
今回のシステムが成功し、正規LIVEツアーに転用すれば格段に当選率が上がる。
当選が続けば、保険買いの重複応募が減少し「普通」の状態に戻るんじゃないかな。

ケータイチケット

スキャンで読み取る・コレだったら入場もスム−ズだし、登録管理も徹底出来る。
会場でピーピーッてはじかれるんじゃ、オークション入手も腰が引ける。
そんなチケットができたら光射す希望です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

一体になりたいと思う想い [堂本剛]

十回目最終章
二時四十六分はココでした。
20120311aRIMG1007.jpg
634のを目の前に黙祷。

渋谷から錦糸町に移動です。
渋谷TOHOから営団地下鉄半蔵門線直結で錦糸町。
地下出口を出て目前の東京スカイツリーが待っていた。
そりゃそうだ次の駅は押上ですもん近づくよね。
快晴に白く輝く塔に向かって祈ります。

最終日を3月のこの日は偶然と必然。
初日2月24日は西新井でも遠景で東京スカイツリーを眺めながら向かった。
その後、川崎、六本木、お台場、渋谷めぐりめぐって帰ってました。
それぞれのシアターで感じたことは違う。受け取ったメッセージも違う。
十回目は「結局十回見ました」に合わせた訳でもなく偶然。
何故なら、一回はセッションとPVを見ただけの回もある。
映画はほとんどは1回しか見ない。
この映画が通常の物語であれば一回なのだと思う。
自分が同じLIVEに連続で通うことに不思議がる人も多い。
「LIVEは生もので毎回違うんだよ」
この説明で大体は納得してもらえる。

では何故?映画「平安結祈」は同じフィルムを回を重ねて見るのか?
それが十回目の鑑賞を経て答えがでた。
LIVEのあった日9月4日の体験を映画を通して体に取り込みたいからです。
食と同じ、食べることで自分の体の一部にする、それと似ている。
LIVE当日の感動は日を遠くにしていくと薄れる。
ましてや視覚での記憶は少なく「聴覚」のみの記憶は頭の中では再現出来ない。
人間の記憶の70’%は「視覚」からの情報なのです。
映画による、映像と音このふたつを自分の体の覚えさせることで、あの日の記憶を蘇らせるのです。

3.11と246いう絶対に忘れてはいけない記憶と共に、
この国を想い途切れてしまった歌声と哀しいまなざしの涙を忘れない為に。
同じ痛みを持つために・・・。
同じ想いをもつために。
20120311RIMG1008.jpg
上映終了後シアターから見た東京スカイツリーはテストのライトアップが施されていた。
快晴だった天気は雨になっていた。


9月4日自分の名前が初めて印字されたチケットの生の印象、
ファーストインスピレーションが完成した。
剛さん本人、メンバーも実際の記憶には無いが「映画」の中で見た堤監督のブレのない実写が
あの日のステージ上の出来事をあまり有る記憶として脳内深く刻まれた。
やはりあの日受け取った「幽玄LIVE」のタイトルはかわり無し!
20110904サーチ7色zR0117405.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カメラという視線の威力 [堂本剛]

yukiオープニング.jpg
九回目となるとオープニングの二人のクレジット映像を見るだけで高鳴る・・・
刷り込みも相当なもんだ。


カメラの威力
本日九回目
今まで気がつかなかった背後のカメラを担いだ黒子状のカメラマンの存在。
ミュージシャンの背後霊のごとく写り込む。
これは通常のLIVEDVDではまったく無視され「無」と化し記憶には残らない。
が今回の映画だとまったく違う存在感として登場する。
メンバー同様のアーティストなのです。
そのきっかけはシーンごとに切り取られる絶妙なカメラワークに翻弄された時からだった。
「よくぞ押さえた」そのシーンの連続なのだ。
その為には身切れて当然の仕事ぶりも一緒に収まるのはいかしかたない。

雨粒の光るビニールで保護された譜面
濡れて黒光りするステージ
キーボードをしなやかな指さきで弾く美しさ
和太鼓を背後から大写しする躍動感
フォーン隊の背後から抜く中央の剛さんの指示
ステージ下の煌めくスポットライト
紫の本人のシルエットの先には「満月」のように光るスポットライト

その何処かしこは確実に彼らの美意識に裏打ちされた視線とカメラがある。
顔こそ映されないがカメラを右肩に乗せたシルエットが画面にいる。

薬師寺LIVEのDVDで感じたレンガ工の仕事は無かった。
[ひらめき]

平安神宮yukiオープニング.jpg
LIVE開始と同時の頭上を通過するサーチライトをシアターで体感した時だったんだ。

自分の目線で感じたLIVEスタートの圧巻。
理由は明瞭で、最後部席中央席ブース横にはカメラがあった。
平安神宮yukiスモークトンネルオープニング.jpg
同じ位置に陣取り、切り取られ映し出される映像は「前方良席」を手に入れたオーディエンスが見る事のできない世界です。


20110902幽玄LIVE青ライトw0117405.jpg

20110904日篝火ライトzR0117405のコピー.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

八回目の奇跡 [堂本剛]

モノクロzR0117418.jpg
八回目の平安結祈に奇跡が起った。
渋谷のTOHOシネマ小部屋の12時15分の回

午睡の夢

眠ってしまった。

LIVEではあり得ない最前列をあえて予約。
大音響のしかも最前列席なのに記憶が飛ぶ。
一番前の気分を存分に体験しようと思うのだが・・・
シャーマンな世界へ連れていかれた。
たゆとう小舟に乗ってるよな、ゆりかごの赤ん坊のごとく気持ち良い心地良い。
特に、Love is the key前後にHelp me Help me・・・とまだらな記憶、完全に寝てた。
続く「縁を結いて」・・・胎内で聴くララバイです。
奇跡R0118799.jpg
最後の涙のフェードアウトだけは目覚めて見送る冷静な自分。
現実から目を放してはいけないんだと
叱られている気持ちになった。

二時四十六分が近づいている。



最終のセッションで完全にテンションは取り戻し音無のつもりが拍手していた。
そして、やっぱりため息。
こんなに楽しい「仕事」がある限りプレヤーミュージシャンは抜けられなんだよね。
映画ではセッションで背中しか見せない剛さんにため息です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アイスランドに学ぶ [ジョンとヨーコ]

スクリーンショット(2011-10-15 22.33.26).png
ヨーコさんがイマジンピースタワー建設にアイスランドのレイキャビックを選んだ理由は、
この国はエネルギーを水で賄っていること。
水といっても地中深くマグマで熱しられた温泉の水蒸気がタービンを通してエネルギーとして蓄積される。
その後、放出された温泉は90°〜100°、パイプラインで電気とともに街に送られた熱湯は熱源として家屋、
風呂、キッチンに利用される。
水は氷河の解け水。
スクリーンショット(2011-11-30 20.00.23a).png
その温泉と水が生活の基盤を創り氷点下の中に暮らす国民を守る。
国をあげて整備されい今では全国民が利用するまでになった。
イマジンピースタワーのライブカメラの中でしか繋ながれないが
この国が真底うらやましい。

火山国の日本では地熱発電の恩恵をもつ国としては世界3位になる。
しかも地熱をエネルギーに変えるタービンはほとんどが日本製なのだ。
その高水準な技術も自国では使われない。

なぜ、この道を選ばなかったのだろうか?
地震多発プレート上に位置する国がなぜ原子力発電に向かってしまうのか。

政治です。

関東大震災の復興をなし得たのは一人の政治家
大風呂敷と呼ばれ強引な立ち退きの推進に当時は避難の的となる
破壊され焼け野原の東京に3車線もの大通り日比谷、晴海、昭和を建設、駅を統一し環状線も公園も配置した。
過去には車社会と経済の動線の未来が見えてた政治家がいた。

9月1日関東大震災
9月2日復興大臣就任
9月4日復興計画提出
東京の大恩人、後藤新平です。

今の日本に後藤新平の信念と生活者への愛のかたまりの政治家がいたら・・・。
寒冷地で温泉と雪解け水の豊富な東北にアイスランドのような街が創れる。

東京の恩人の生まれたのは水沢市です。
もし後藤の計画が当初の提案通り敢行されれば
東京はパリ、NYを手本に公園と並木豊かな街路地が整備された美しい首都になっていた。

自分を含めほとんどの都民は東京の今の便利が水沢出身の一人の政治家の英断であることを知らない。
感謝もしない。
彼の生まれた岩手が手ひどい地震で幾度も壊滅しているのに。
恩は返ってこない。

個人では出来ることは小さい。
小さなできることを大きな力で動かすのがマツリゴト。

昨年の東北公演で水沢町を選んだ理由は解らない。
昨年の東北公演で會津市を選んだ理由は解らない。
昨年の東北公演で仙台市を選んだ理由は解らない。

解っているのは蜘蛛の糸より細い「縁」と「祈り」を結ぶ事だと思う。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽