So-net無料ブログ作成
検索選択

平城宮跡上空 [平城宮跡LIVE]


2010平城宮大極殿上空R0011483.jpg
 
 
この空に見せたいことがある

ひとりの若者と千人を越える仲間の姿を


美しいこの空に 不吊り合いな預けもの

ひとりの若者が預けた

「哀しみ 理不尽 絶望」

10年後の今 この空から消し去りたい
 
 
 

美しい空に 一番似合う届けもの

「愛 倫理 希望」

同じ想いを抱く仲間達の姿を

若者の音楽に乗せて

この空に見せたい 美しいみんなの空に


ただいま!


若者と大勢の私たちの姿を 

仲間たちの美しい空に 見せたい 



ただいま! 











JUN'memoをご覧頂いてる皆さまへ

堂本剛平城宮跡LIVE実現に向けての
応援メッセージを募っています。
左にありますリンク
つよしんぐわーるど 「平城宮跡LIVE実現の願って」
この掲示版にあなた自身の言葉で
メッセージを書き込んでください。

皆が同じ想いを胸に持ちながら
何もしない、動かないのは切ないです。

アキラメナイこのことを教えてくれたのは
堂本剛さんです。

私たちひとり独りは小さい

でも孤独ではありません。

どうぞ勇気をください。
 
アキラメナイデクダサイ。



by BS☆JUN

#244heijyolive

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

歩き出した街、日比谷 [因縁な話]

20100724RIMG0007.jpg

ぼくはロックで大人になった〜忌野清志郎が描いた500枚の絵画〜

週を通して見ないTVをつけた。
偶然始まった番組だった。呼ばれんだね。

この国でまともな音楽番組を創れるのはNHKそれもBShi放送だけになっていくんだ。

清志郎の描く絵画500点をキーワードに恩師小林晴雄先生、親友三浦友和氏、戦友仲井戸麗市氏、オーディエンス代表で太田和彦氏など12名がインタビューに応えてた。

 しかも放送ジャンルは「ドキュメンタリー/教養>カルチャー/伝統文化」清志郎には無関係な視聴者の目にもとまるし幅が広がる。


ファンにとってはおなじみのエピソードにインタビューで新たな真実が告げられた。

・チャボへのLOVEコールは電話でストーンズの音をBGMに「一緒にやろう」のコメントは胸に来るチャボ。自身も「やばい手使ってさ」としんみりさせる。

・そのRC解散のいきさつに「チャボに失恋した」と周りには言ってたのが今回初めてチャボ本人の知る事となり、絶句していた。伝えたインタビュアーが謝罪するほでチャボの落ち込ちこませていた。ポツリ「実は自分も同じかな」

・小林先生の教えで「男はやりたい事が見つかったら結婚するな」を貫く。永い間通い婚の彼女との生活の中に赤ちゃんが生まれる展開に「ROCK」が出来なくなるとタッペイ君出産までに必死に音楽を創りの為スタジオで録音を続けてた。

 幸せになると「ROCK」が出来なくなる・・・本気で信じていたんだね。

三浦氏の証言

中学からの同級生は一時バンド仲間であり先に芸能界で成功した親友でもある。
彼の口からは不遇時代、福生の米軍ハウス、安アパート引きこもり仕事もなく燻っていた頃を

『荒(すさ)んでいた」と語ってくれた。
売れなくて(支持されない苦痛)最低の生活をする姿までも見守る親友の 言葉が優しい。

・小林先生は思って通りの先生!饒舌ではない。武道館でお見かけしたまんま、空気が自然。
先生の目には「おとなしい目立たない子」でしかない栗原清志にも優等生の他の生徒にも同じ愛情を人生の先輩として注いでいたんだと思う。

その先生の歌が多くの劣等生を元気にしてくれる「音楽」となり自分に繋がるんだ。

僕の好きな先生、僕の好きなおじさん。

 

「息子がギターのプロになるといいはり大学も就職もしようとはしない。」どう説得して良いか解らない母は羽仁節子、羽仁進氏の読売新聞「人生相談」のコラムへ投稿し掲載されてたのもOAされた。。
母親の溢れる想いをこんなカタチで見るとは思わなかった。

清志郎.jpg

美術学校か音楽のプロ、その選択は音楽を選ぶ。

 そして一番感銘したのと・・と数年来の疑問が解けたコメントを見つけた。

ファン代表として太田和彦氏の明解な「何故、清志郎に傾斜したか」の言葉全てが自分が思う「何故清志郎と剛さんが同じ匂いなのか」の代弁者でした。
真っ直ぐに音楽で叩きつける清志郎のメッセージに真っ向から受け、LIVEで感じる。
その嘘の無い歌詞の全てが太田氏の救いだったと述べられていた。
勤務先の企業内で思う通りに自分の作品、主張が通らないその絶望の日々にLIVEで出会う嘘のない音楽。
清志郎サイドもその一ファンの思いを受け取りLIVEノートに記述がある。
うわべしか見ない女の子のキャーキャーには
「オレの言いたい事なんか解っちゃいない」客席にウンザリ。

「今日楽屋に菊正宗二級酒を届けに来たあのひとりの青年の為に歌おう」

そんなエピソード満載の放送だった。

美術大学の道を諦め音楽のプロを目指しファンに愛されたし音楽を通じてファンを愛したROCKのGodを数々の見覚えのある絵画を通じて構成されてた。

ROCKで大人になった。
そのタイトル言い当ててます。
家族特に実母の影響で戦争反対、原発反対のメッセージソングが炸裂するROCK。
自分も清志郎が「○○さん」を奥様にし、タッペイくんモモちゃんに目を細めるパパぶりを通して清志郎の変化を見ていた。
日比谷の野外音楽堂で聞いた「最近息子が口聞いてくんない」反抗期の息子に悩まされる姿を見てそんな台詞が聞ける時代がくるとは思わなかった。

堂本剛さん

Happyな恋愛では「音楽」は創れない。
悪女と恋をしよう、そうしたらいい音楽が降りてくる・・・これは師匠の覧丸からの伝授
本気で信じているのかな。

そんな事。ある訳ないじゃんねぇ。愛は恋の結果だよ。

ROCK の殿堂日比谷野音は清志郎の聖地だったのか?
此の地日比谷をPVのロケ地にしたのは偶然なのか、PVの中の少年は汚れ、倒れ薄暗い日比谷の街を彷徨っていた。
スタートラインに立ったのは日比谷だった。

東京で再生にかけた「街」を引さげたソロアルバム発売前にLIVEデビューを8年前の今日果たしてます。


 

続きはこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

数学で時代を牽引 [平城宮跡LIVE]

201007△ピラミッド.jpg
理数系受難の時代です。
企業の門は理数系に開かず苦戦をしいられている。
分析、科学の発展はモノ創り面でもで世界に置いていかれる傾向が出始めている。
世界の企業TOP 10には日本の企業が1社のみしかも商社、メーカーは無い。
かつての「学力数学世界一日本」はすでにだいぶ以前から北欧、印度へシフトしてい。

その理数系の学生が、数学で世の中を良くしようとしているそんな集団がいるのです。
 
自分にはピンと来ないのですが間違ってなければ
解りやすいのは「もしも世界の人口を100人の村にたとえたら」
この話は納得したし、現実と想像が一致する「数字」の話でした。

剛さんに関わる周りを見渡すと思い浮かんだ数字はこんなカタチになった。

平城宮跡LIVEお願いピラミッド

動き出したお仲間さんを頂点とし現時点で80名の書き込みが集まっている

その下にはこの募集を知れば迷わず動き、賛同してくれる予備群がいる
更にグレーゾーンは平城宮跡LIVEが決定すれば参加する層がいる
ここまででほぼ薬師寺さんLIVEに参加したオーディエンスと同数の間違いなく駆けつけるMAX4500人のコアなオーディエンスです。
問題はその下を支えるピンクの層、平城宮跡LIVEへの想い入れを知ることでコアなLIVE参加組に移行する層。
そして一般大衆を含めた緑の層が広がるしファミリークラブとは無縁の一般大衆がピラミッド外に控える。

水色のTOP層に常連組のゾーンが拡大されると主催者側の目にも認識される。
LIVE参加組も加わると「ファンの意思」となる。
ピンクのLIVE参加希望組が「平城宮跡LIVE」を意識し出すとコア層の土台もゆるがずオーディエンスというカタマリで動く。
ここまで来ると無視できない「事件」になる。
緑の層は浮遊層になりこの層がどれだけ「平城京宮跡LIVE」へシフトするかで更なるムーブメントに変る。

このピラミッドの数字は解らない。
ただ解るのはファンの意思で動き要請を始めたトップの△が80人になっていることは事実です。

この数式を創るのが「理数系的思考回路」を持つ集団なんだと思う。
その式と回答がジャニーズ事務所という集団の企業への一番解りやすい要請になる。
数学計算が得意な方だとこの式はすぐにでもできるんだろうな。

自分のコンセプチャルは水の分子だった。
20100709R0012035a.jpg
葉の面積と水滴の容量からこの葉から採集できる水のmlが出せる。
その水がこの鉢全体の採集できる水が回答できる。
時間を掛け合わせると1日の採集容量が解りどれだけの人間に
潤いを与えられるか「カタチ」で見ることが出来る
それが数学で変えることになるのかな?


考えを変えると全く別のストーリーが生まれる。
7月9日蓮の葉の表面で動く水滴を見て思ったのは
集まれば水たまりになり
川になり流れ
さらに大きな池になる
想いの一つ一つが動けば
私たちは平城宮跡第一次大極殿LIVEを可能にし

南門広場に集まること

その場所で

堂本剛の音楽を聴きたい

だけなのです。

244heijolive


20100708大極殿ライトアップR0012002.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

水と音(2010年7月10 日薬師寺LIVE [堂本剛]

 水
 
奈良は体で感じろパートⅡ
 
見ずして感じられない奈良
 
20100710バンビR0012207.jpg 
この地と水は深い繋がりを感じる
Mステでタモリさんが教えてくれた
「奈良は沼地に出来たんだよ」
市内のいたる所に「池」が顔を出してる
鹿寄せの飛火野にも草の下は沼地を思わせる箇所が点在してる
水を集め流れを作る天然の疎水、川もある
20100710飛火野R0012171.jpg
その疎水の行き着くのが浮見堂のある鷺池
湖面を渡る風と「水を愛でる風雅」
こんな楽しみ方を古代では小さな
八角堂で行われていたんだ
揺れる水面ではアメンボとも対面出来る
20100710浮見堂R0012278.jpg
水面に映る八角堂の美しさが素敵なのです


その映るお堂とアメンボ君
20100710浮見堂アメンボR0012271.jpg

浮見堂のすぐ傍の水琴窟(洞水門)
02100710水琴窟R0012290.jpg
堂本剛のサウンドにこの水琴窟を思わせる音色が
見え隠れしてるように思える
手水の水の滴る音を伏せた瓶に反響させて楽しむ
このもてなしの心使いは
NIPPONの美意識
微かに聞こえるこの音の涼やかさに
水が琴の音に聞こえる楽しみを教えてくれた

公演当日の早朝
20100709設営R0012058.jpg
開演前雨よけのテントを設営するスタッフ
このテント開演直前に撤去作業が続いていた
3度の奇跡を起こしたのも水
「薬師寺の境内の中でもこの大講堂は一番パワースポットです
この会場の下には龍神さまの池でした
今でも井戸があるのです」
このお話を山田管主さまが話して下さいました。
前日の奇跡も納得です。

蓮が瓶の中で育てられるわけ
20100709R0012049.jpg
他品種の交配を避け花の守るためとも言われてる
隔離され小さな水面に映る外の風景
水藻もその瓶の中でしか繁殖しない
情報は止まる
「空が泣くから」がセットリストに無かったのは
何故なんだろうとも考えた
その理由が本人の意思なら良いのだけど
そうでないのならイヤだなと思う
オーディエンスにとってはNARA FUNKを
ひとつ取り上げられた気持ちになる

奈良のあちらこちら水
20100711ガマ穂R0012409.jpg
昨年見つけたガマの穂この群生は
剛さんファンの集う石舞台そばにある
「どこでも自由に入れます」
係員さんの言葉ですがかなり沼地です
うっかり近づくと・・・足が沈む
地表は草原なので
固定観念で「大地」と思い踏み込むと
ドエライしっぺ返しに遇う
どんどん上がる水かさに
進むにも引き返しもできずいて
泣きそうになる


平城宮跡にも疎水はある
水路でめぐらさているのです
20100711平城宮疎水R0012400.jpg
平城宮跡の朝の散歩、帰路平城宮跡を出た途端の雨
土砂降りとなりました。
東院さんを抜け出た途端に本降りになったのには驚いた


奈良の街の細い道路に不吊り合いな深い溝
この疎水に別の顔を
雨の日に見ました
激流と化して流れる西大寺さん近くの溝
街中の水が流れ込みます
20100711疎水R0012457.jpg

20100711疎水R0012459.jpg
この為の溝だったんだね、水は近くの水田にも利用される

そしてマンホール
20100711マンホールR0012468.jpg
鹿さんです。汚水と刻印がされてる下水道。


最後の水は剛さんお薦めは秋篠寺
20100711秋篠寺R0012517.jpg
雨に洗われ生き生きとした苔の庭が美しい


青に赤が混じる本堂前の夏紅葉
20100711紅葉露R0012496.jpg

東門の萩にも天からのもらい水
20100711萩露R0012550.jpg
花はなんの花
つんつん椿
水は天から
もらい水
(歌詞:五木の子守り歌)
万物すべて自然界から貰いものを実感したのでした
その自然を人間の叡智で次世代へ引き継がなければならない
その努力を惜しまないことを
奈良の水から感じたし
雨が楽しくなる沢山の美しさを見つけました
動かなければ見つけられない美しさでした

Rain drops Funky


この感性と直感が新たな奈良FUNKを創世するんだね

音・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2007年12月8日あの日。。。 [RADIO]

ヨーコ&清志郎.jpg
7月17日東のRADIOで思いがけない話が聞けた。

2007年12月8日ジョンレノンスーパーLIVE武道館での出来事。

清志郎と集合写真を撮ることになり一緒に収まることになった話。
はじめはステージにも参加していないことから傍観してたようですが
民生ちゃんの「オマエも入れよ」「いいよオマエも来いよ」の後押しと

清志郎の「いいから入んなよ」で一緒に写真が撮ることが出来た。

自分が思う「可愛気のある大人の男」で大好きな二人が誘ってくれたのも嬉しい。

あの日実際にヨーコさんとの接触も清志郎との関わりも解らないままでしたので
一緒の場所には居れたけどそんなエピソードがあったと知っただけでも嬉しいのです。

清志郎のファンとしてもね。
音楽に真面目に向き合う者同士であれば、アイドルだのジャニーズだの
そんなささいなことなど蹴飛ばす二人だと思うのです。

ステージでの共演は実現しませんでしたが目と目を見て交わした想いは宝ものです。

世間の誤解や偏見に対して黙々と「愛し合っているかい」を貫いた清志郎と
真面目な話を繰り返し「一度の命大切にしょう」伝える堂本剛には同じ匂いを感じます。

最近初対面の方に「堂本剛ファン」を告げたら
「堂本剛のどこがいいの?私は勘弁だわ」と言われた。
テレビで見た印象が相当に悪いようだ。
そういう時は剛さんのソロワークや人となりを熱弁したりしない。
質問するのです。
「忌野清志郎はお好きですか?」

「全然興味が無いわ」

これでもう解ります。
この方とは生涯平行線で理解し合えず、まじわるころもなく終わるだろうとね。
人の好きなモノ、コトを否定するのは私という人格を受け入れないことと同じです。
横にいた同じ清志郎ファンの友達が反論したがどうにも話が噛み合ない
初対面の方が「堂本剛、忌野清志郎嫌いな事」を容認すれば済む話なのです。

多くの清志郎ファンの知人が堂本剛を同時に応援しているのは事実なのです。

その方はメイクやファッションが受け付けないと理由を言ってました。
ファンが喜ぶからアクセサリーを沢山してメイクをする、それを知ってるから私たちは可愛いと思うのです。

気に入れば人にどう思われようと、本気で万歩計を愛しホラ貝を吹き鳴らし自転車に乗る。

清志郎のようにレコード会社と喧嘩するまでにはいきません
コンサートを自腹で決行して挫折するまではいきません
でもジリ貧の音楽業界へ問題意識を持ち抵抗を続けてることは事実です
本気でこの国の音楽の在り方を追求しているのです
清志郎の魂を引き継ぐのに一番近い存在だと信じてます
オリジナリテイーを大切にして下さい、
これはBS☆JUNからのお願いです。


今年3月20日の放送と2回目、清志郎を忘れない若者がいてくれるんですよ。

清志郎本人に伝えたら・・・

「そっ」て

はにかんで下向くんだろうな



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

薬師寺東塔の見納め [RADIO]

7月9日西のRADIO

20100710東塔カメラR0012315.jpg

 

会社の研修時に仕事に対する心構えを3人のレンガ工の寓話で教えられた。

建設作業中の3人のレンガ工に通りかかった人が尋ねた

「何をしているのですか?」

A「レンガを積んでいるのさ」

B「レンガで壁を作っているのさ」

C「レンガで子供のために学校の壁を作っているのさ」

頼まれた仕事に誇りと目的があると同じレンガの壁の仕上がりも違ってくる。

C のレンガ工は子供達の安全と成長を願い、自分の仕事に工夫と想いを込めてレンガを積む。
自分のすべきことに目的を持ち自覚することで仕事の成果も変る。
そんなことをレクチャーされ心に残った。

今回発売の「2009年薬師寺LIVE」の素材は確かにあの現場を記録とし残す仕事はしていた。
クレーンカメラはAの職人です。
固定カメラはLIVEDVD用として仕事はしていた。Bの職人です。
ハンディカメラで会場中を縦横無人に動き回っていた。B'の職人です。

果たしてあの日『C』のレンガ工に当たる映像を残していただろうか?

野外LIVEを望む本人とオーディエンスにとっては
初の地元奈良での野外LIVEが実現したあの日でした。

あの日の
上空には鳥たちもいく羽も行き来してた
遥か上空を横切る飛行機もかなり見た
近鉄電車は会場スレスレに何回も通過てした
木々の揺らぎは風の存在を教えてくれていた
移り行く空の変化は本当に美しかった
午後8時キッカリには本堂の扉を開けるお坊様の慌ただしい動きもあった
何より開け離れた本堂には薬師如来像が微笑んで一緒にLIVEに参加されていらしゃったのだ

私たちオーディエンスの体験した風景素材があまりにも少ない
視線の違う風景しか感じられない
たった1回のチャンスになんと惜しいことか。

7月9日西のRADIOでつぶやいたひと言にそれに気づいてくれたのがわかる。
曲によって良い映像が多いのもあるがといいつつも、
(空が泣くから〜春涙〜オリカラまでは素晴らしい)

楽曲とリンクする映像が無いのも事実。

オーディエンスが望む風景が欲しいことに気がつきそれが
編集を自らかってでることになる。 

レンガ工の寓話には管理者編もある
木こりの寓話です。

森で木こりの仕事が難儀をして一向に進まない
通りかかった人がアドバイスをする

「斧がナマって切れが悪いようだから斧の歯を研ぐといい」

木こりは苛立たしげに
「今日1日で20本切らなきゃならないんだ研いでる暇なんかありゃしいない!」

目的達成の方法論がないと無駄な時間と労力になる例えと
依頼し指示を出す側、管理者の適切な説明が必要なのをレクチャーするものでした。

仕事は同じ温度の仲間とするのに超した事はない
予算と時間の無い中ですすめるには客観的に的確なオーダーをするしかない。

2010年をもって東塔が取り壊される
1300年の風雪は流石に限界にきているようです。
来年からは姿を消し新しい東塔が完成するのは11年後と計画されてます。
私たちの幾ばくかの奉納金がLIVEを通して献上されるとしたら
それもまた嬉しいのです。
11年後真新しい東塔を誇らしく思えるのです。

その薬師寺東塔最後の姿が収まる貴重な映像が入るDVD化が叶うように願いたい。


2010年、クレーンカメラは東塔前に設置されました。

 

追記

この日の放送で今年は事前の打ち合わせが行われた。。とのコメントがあります。

そして・・会場内でプランナー箭内道彦氏目撃報告もあります。

乞う,ご期待です。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

動くから感じる [平城宮跡LIVE]


空も動く

20100709大講堂上空bR0012134.jpg

20100710上空R0012331.jpg


20100709代講堂上空R0012338.jpg



20100709大講堂上空R0012340.jpg


20100709会場上空R0012132.jpg

20100709会場上空R0012137.jpg

感動



感じて心が動くから感動なのか

動いてこそ心が感じるから感動なのか

その突き動かす源は

人との出会いが原動力になる

自分の会いたいと思う人に直接会い

動く自然界に触れ

自分の思考を変えていく

ネット、テレビで家で得る膨大な情報は

一時は心を動かすが

それで終わる

しかし苦労し時間を共有し、行動して得た感動は

後々いつでも瞬時にその場に連れていってくれる

今年の薬師寺LIVEに参加し

自然に会いにゆき

たびたび「水たち」に遭遇した

その水のどれもが動いていた

水という物体は動かないと 死ぬのです


降りそそいで

転がって

溢れて

流れていた


動いているから生きた水は感動をくれた

立ち止まり思考を深める考える時間をくれた

叡智を持って行動するのは

霊長類の最高位に存在するヒトとして

天から与えられた宿命なんだと思う

1300年後の誰かのために

引き渡せねばならない


考えて

行動する


感性がまた一つ頷く






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

動と音(2010年7月9日薬師寺LIVE [堂本剛]

 


「奈良は体で感じろ」
だったね。
今年は蓮の本当の美しさを見に薬師寺さんへ行く
そう決めていた。
早朝はドンよりだった空が怪しくなり
本降りになってしまい
あいにくの天気になってしまった。
今回は最強の同行者のナビゲーターがいました。
剛さんのLIVEは初参加
しかもその道程が逆なのだ
薬師寺さんとの関わりが入り口で
薬師寺さんで堂本剛がLIVEをしたことで興味を持ち
「正直しんどい」に辿りついた
それ+私が剛さんに大騒ぎするので
そのことも注視の要因だった。
まずは「堂本剛を体験」してから見定めよう
とういうことでLIVEに辿り着いていたのです。

「執念でキャンセル分で薬師寺LIVEチケット取りました」
このメールが入った時
正直驚いたし嬉しかった。

ということで彼女の誘導で
薬師寺さんのあちらこちらに点在する
蓮の瓶と対面を果たすことができた。
蓮に雨、瑞々しいを通り超して・・・ずぶ濡れじゃん
その雨が思いもかけない大感動をくれた
一番美しいと心を動かされたのは蓮の花では無かったのです。

20100709動白玉R0012033.jpg
表面の細かい産毛のような起毛で目には見えない水滴が風に揺られ
動くたびに小さな水滴になる
さらに揺られて中央に集まった白玉は水晶のように輝く
目の前で次々と動き変る水滴に歓声をあげ続ける二人でした。

20100709R0012035.jpg
擂り鉢状の葉にはびっしり雨、目に見えない雨
無数の声なき声も集まればカタチになる
思っているだけ
傍観しているだけ
どうせやっても無駄・・・
それでは感動も行動も無い
動く。時代を動かすのは目にも止まらないけど一粒の水、自分だね。
そう感じました。


20100710R0012012.jpg
一時として同じカタチではいないコロコロ転がりカタマリになるそれが可愛い



20100709R0012047.jpg
仲間が増えるんだ

20100709白玉R0012068.jpg
大きな白玉に輝く

 
20100709準備中R0012034.jpg
どうしても気になるのコロンとしたこの蕾と露たち




もう一つ見つけた感動
華やかで目を惹き付ける蓮の花のその下の世界
美しい花の誕生を知りたくで
覆い尽くされた葉の下を覗いて驚いた
20100709待機中R0012101.jpg
待機中の葉のように地味で固い蕾さん
泥の中から顔を出した時は
葉になるのか花となるのか
育ってみないと解らない

20100709花の下の世界R0012105.jpg
葉は光合成でエネルギーを花に繋げる脇役
本当にそれだけの為?
今日の大感動の主役は葉っぱなんだよ

美しい蓮の花は人々の注目を集める
種を作り次世代へ引き継ぐ
大切な役目もある
でも

蓮の花がどれ程綺麗でも花だけでは咲かない

20100709ガンバルR0012046.jpg
美人さんになる準備をして葉を押しのけ成長する

20100709開きかけ赤R0012030.jpg
咲いて閉じてまた咲く

20100709赤蓮0012045.jpg
美しさを比べられたり

20100709R0012091.jpg
八重咲きっていう個性もありました

20100709R0012029.jpg
来るまでイメージしていたのは蓮の花王道です



20100709白蓮0012067.jpg
白く咲いて珍しがられたり
目立って虫に花粉を運ばせなきゃならないし
風にたよって受粉し三日で命を終わらせる
目立つのは花の役目です。

ナビを引き受けてくれたのは
アイドル堂本剛のビジュアルではなく
お寺さんや奈良に熱く語る堂本剛であり
大好きな薬師寺さんに繋がることが
プロで音楽の道を歩き始めたばかりの彼女に
LIVE参加を決心させたのです。

蓮の葉の水滴の美しさに感動する感性
泥の中の誕生に好奇心を膨らませる感性
表面の華やかさだけでは
心を動かさない彼女
その彼女のLIVE終了後の感想は・・・・

「一曲目から涙が溢れました」

人の心を動かす音を聴いたんだね。

 

音・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

710 [平城宮跡LIVE]

 薬師寺LIVE2日目開演

白蓮20100709開演前R5216967.jpg


今年は遷都1300年

西暦710年にこの地に都が創られ

日本の国が誕生

ファンにとっても

7・10は大切なメモリアルです。

昨年に続き

7月10日の唄声に祝福を!


現地にてLIVEに参加できる喜びを

かみしめます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

共に動く [堂本剛]

共動

天の川開演前R5216967.jpg

共有・共感の時代から共に動く

その時が来た。

アイコン曼荼羅黒背景暗雲aJPEG変換.png

前方中央席にもし、持ち主のいない席

その空席は私たちからの贈り物

共に闘い

共に苦しみ抜いた答えです。

そして決めた

Jルールが示すのであれば

それを守る。
あなたが示す道徳と倫理、そして愛と正義のもとに。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽